不登校・引きこもりの子供を持つ親御さんへ

多くの不登校・ひきこもりのお子さんを持つ親御さんは、どのようにしてお子さんと関わったらいいのか?という事が解らずに悩んでいらっしゃいます。
お子さんとどのように関わったのなら、より良い関係をきずく事ができるのか、どのような心構えでいらっしゃいますとお子さんが引きこもりから解放されていくのか、という事を出来るだけ簡単に解りやすく音声でお伝えさせて頂きます!
この、音声セミナーが少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

http://www.sugowaza.jp/reports/get/736/8151

いじめ自殺から我が子を守るための5つのポイント

いじめや自殺は、決して他人事ではありません!!

誰にでも起こりうる、身近な問題なのです。


いじめによる子ども達の自殺、連日報道される悲しいニュース

次々に判明する学校側や家族のいじめ問題へ認識不足。

今の時代、子供の「心の問題」に対する心配は尽きませんが、そうした
問題を防ぐために親として何ができるでしょうか?

あるいは、何をすべきなのでしょうか。

この無料音声対談レポート

●ストップ、いじめ自殺!!
精神科医とカウンセラーが教える
いじめ自殺から我が子を守るための5つのポイント
http://codomoweb.com/stop_ijime.html

では、精神科医の樺沢さんと児童心理の専門家吉澤さんの対談が採録されて
いますが、平易な言葉で語られているので、誰にでも理解できます。

 そして、すぐに実践できるように、ポイントが五つに絞られています。

 聞いたその日から、子供のために実行できる実践的なアドバイスです。

 どんなに忙しくても、この5項目だけでも実行すれば、あなたのお子さんは
大きな問題を起こさず、もし万が一問題が降りかかったとしても最悪の事態に
はならずに成長する・・・はずです。

 逆に、こうしたことに全く無頓着だったら・・・。

 将来、お子さんに大変なコトが起きるかもしれません。

 お子さんのいる全ての方にお聞きいただきたい。

 ぜひこの音声レポートを聞き、家族で、学校で、話し合ってみてください。


●ストップ、いじめ自殺!!
精神科医とカウンセラーが教える
いじめ自殺から我が子を守るための5つのポイント
http://codomoweb.com/stop_ijime.html

いじめの調査に補正予算

 最近の小・中高等学校において、「いじめ」がかなり問題に

なってきました。

 それは、「いじめ」に遭い自殺をする子供がかなり増えてきた

為である。

 政府は、「いじめ」の調査をする為に補正予算を計上する事に

決めた。

 なぜならば、今までの「いじめ」の調査は、学校側が隠したり

調査をしていなかったデーターを鵜呑みにしていた為、「正確な

数字がどこにも存在しない」と言うことである。

 「いじめ」自体は昔から有りますが、昔はいじめられている

子を誰かがかばったものでした。

 最近の「いじめ」は陰険で、先生、友人または親には分かり

にくいのが特徴である。

 これは、最近一人っ子が多く兄弟姉妹が少ないのも理由の

一つと言えるだろう。相談する人が少なすぎるのです。

従って、これからは両親が自分の子供に対してよく話を聞いて

あげる必要が有ると思います。

いじめられて自殺した子供たちに捧げる

いじめに遭い自殺をした子供達に、心よりご冥福をお祈りいたします。

 しかし、自殺を美化してはいけません。

今現在いじめに遭っている子供達に言いたい、「決して死んではならない」と。

私の娘が中学生のときカッターナイフで自分の手首に切り傷をたくさん入れて

いました。

その娘が、今朝早くに赤ちゃんを産みました。

人は、成長していくのです。

 自殺なんて考えることすらいけません。

アナタの周りの多くの人が、アナタを愛しています。

日本という国はすばらしいところです。

 もしアナタが今現在いじめに遭っているとしたら、そのことを先生と両親に

話して下さい。

必ずアナタは楽になります。

アナタのすばらしいところはたくさん有るのです。

アナタをいじめる人は、アナタが羨ましいだけなのです。

 私が高校生のとき、K君と友達になりました。

K君は人をいじめるのが好きでした。

私と他の友人でK君が他人をいじめるのを止めていました。

K君は寂しがりやなのです。臆病者なのです。

 そのK君が5年前に自殺しました。

私は、悲しすぎました。私の友人も悲しみました。

そして彼の母親は今も尚毎日悲しんでいます。

 従って、他人をいじめる人も、他人からいじめられる人も両方とも同じ

気持ちなのです。

精神的に不安定な状態なのです。ただ一時的なものなのです。

学校の先生や、両親にほんの少しアドバイスをしてもらっただけで、簡単に

解決するものなのです。

犬や猫が気に入らない物同士でけんかするのと同じです。

だから、アナタをいじめる人と会わなければ良いのです。

学校を替わっても良いのです。

必ずアナタの安心できる解決策が有ります。

私はそういうふうに確信しています。
バレッタのお店 【fortune】