いじめの調査に補正予算

 最近の小・中高等学校において、「いじめ」がかなり問題に

なってきました。

 それは、「いじめ」に遭い自殺をする子供がかなり増えてきた

為である。

 政府は、「いじめ」の調査をする為に補正予算を計上する事に

決めた。

 なぜならば、今までの「いじめ」の調査は、学校側が隠したり

調査をしていなかったデーターを鵜呑みにしていた為、「正確な

数字がどこにも存在しない」と言うことである。

 「いじめ」自体は昔から有りますが、昔はいじめられている

子を誰かがかばったものでした。

 最近の「いじめ」は陰険で、先生、友人または親には分かり

にくいのが特徴である。

 これは、最近一人っ子が多く兄弟姉妹が少ないのも理由の

一つと言えるだろう。相談する人が少なすぎるのです。

従って、これからは両親が自分の子供に対してよく話を聞いて

あげる必要が有ると思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
バレッタのお店 【fortune】