「電車がよく遅れる」というお話

昨年JR宝塚線で大事故を起こした後、

JRは列車等に少し問題が発生すると、完全に点検を行うため

かなりの時間を要します。

そのため、「列車の到着時間が遅れる」件数がかなり増加しています。

「その遅れる件数」は私鉄の3倍くらいあるそうです。

今までは、JRの発車時間が遅れないのは「世界一」と言われて

いました。

確かに、ヨーロッパへ行くと、列車の発車時間は遅れて当たり前

だそうです。

宝塚線の事故以来、「遅れても良い」と言う乗客が増えたのは

事実です。

電車が遅れても、命を失う事とは比べ物にならないのは、誰もが

承知の事実です。

しかし、電車が遅れて一番怖がっているのは、運転手だそうです。

 従って、今後電車を利用する人は「電車が遅れても仕方がない。」

と最初から諦めて利用すれば、腹が立つ回数も減ってくるのでは

無いでしょうか?












この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28043583

この記事へのトラックバック
バレッタのお店 【fortune】