カバノアナタケはさまざまな薬効を持っている

3ヶ月以降も継続してカバノアナタケ治療を続けた患者は、他の補助的な治療無しで乾癬性の発疹の改善、胃腸機能の改善や一般生活機能の向上、全体的な体調の回復などが見られた。

これと共に、血液、胃液、胆汁、尿、大便の検査結果も良好となっている。

結果的に、観察対象となった50名の患者のうち38名が快復に至った。

カバノアナタケは皮膚の疾患から内臓疾患までを同時にカバーしながら、患者を健康体へと導いたのである。

カバノアナタケはさまざまな薬効を持っていることが改めて分かったのである。


※米山誠農学博士の著書「癌を消す幻の茸チャーガ」を転記させて頂きました。


癌を抑えるカバノアナタケ茶・石鹸
| 健康
バレッタのお店 【fortune】